英語発音のコツ:アクセント編

英語を上手く話したいと思ったらアクセントに注目してみてください。
これは発音するのにとても重要なポイントです。
アクセントを間違えずに話すだけで格段とうまく話せるようになります。
これは日本語でも同じですね。

 

 

 

カタコトの外国人が話す日本語はどこかアクセントがおかしいと思ったことがあるでしょう。
「私は」というところを「ワターシは」とタの部分を強調してしまうことで日本語がおかしくなってしまうのです。
日本語には方言というものがあり、地方によって違う発音をすることがあるので外国人からするとより難しいようなのですが英語の場合、基本ルールがあります。

 

 

 

例えば「ee」「oo」などの場合はそこを強調して発音します。
語尾が「ity」「ety」で終わる語はその直前を強調します。
もちろん例外の単語もあるのですべてが当てはまるわけではないのですがこれらの基本ルールをしっかりと覚えていれば聞いたことのないような単語もネイティブ並みに発音することができます。

 

 

 

英語には強弱があります。
まるで音楽のようですね。
メゾピアノのあとのフォルテシモはとても強調されます。
英語も同じように強調する語の前後の発音は弱くするとそれらしく聞こえます。
もちろんネイティブはその弱い語もきちんと聞きとっていますからぼかして適当におざなりに、というわけではありません。

 

 

 

しかし「カタカナ英語」から卒業するためにはこの発声がとても重要なのです。
「important」を「インポータント」ではな「イン(弱く)ポー(強く)タン(弱く)(トはほとんど発声しない)」と
言えるようになればネイティブに一歩近づいたことになるのです。