英語発音のコツ:イントネーション編

 外国語のイントネーションを学ぶのは容易ではありません。語学の独学では、一番難しい部分ではないでしょうか。英語を例にとると、英和辞典を引いてみれば発音記号とアクセントが載っています。発音そのものは日本語にはない音があるので厄介ですが、口の中の断面のイラストで舌の位置とか、口の開き方など、参考書には載っている筈です。今ではパソコンの音声読み上げソフトがありますから、英文を読ませれば発音もアクセントもキチンと再現されます。しかしさすがにこれは不自然な英語に聴こえます。

 

 

 

 ではやはりネイティブ相手に勉強するしかないのでしょうか。しかしネイティブに英会話を習ったとしても、教室にいる時間はわずかであり、勉強するということはやはり孤独な環境で積み上げてこそものになるという性質があります。

 

 

 

 今日では良い教材があります。CDや音声データのダウンロードを付録にした、英会話のテキストなど。さらに発展的には、ニュースや文学作品などの質の高い英語の文章を朗読したものもあります。これらを注意深く聞いて、シャドーイングをしてみる。それから一人で読み上げてみる。こうすると自然なイントネーションを学ぶことができます。

 

 

 

 英会話のテキストは入門としてはうってつけですが、日常会話としては限定的な英語に終始しているようです。一歩進んで自分の考えを述べたい時には、会話集だけでは不十分だと思います。是非発展的にボリュームのある文章に取り組むことでイントネーションを身に着けて下さい。インプットがなければアウトプットもありえませんので、ボリュームにひるまず続ける事をお勧めします。