単語の持つ強弱が発音の大きなポイント

学生のころから長い期間英語を勉強したのに、全く話せないという方がたくさんいらっしゃるようです。実際に、私たち日本人の英語能力は近隣諸国と比較して著しく低いと言われています。

 

 

 

それは、その学習がコミュニケーションツールとしてではなく、単なる受験の科目として行われてきたからではないでしょうか。そのため、日本人は複雑な文法や難しい単語は知っていてリーディング能力は優れているけれども、いざ話すとなるとその知識は全くリンクしないのでしょう。

 

 

 

なかでも、特に日本人の発音はとてもわかりにくいと言われています。受験のために必要な知識を詰め込むだけだったので暗記しやすいように、英語独特の発音など全く意識せず、すべてを日本語の音に当てはめてしまったからではないでしょうか。

 

 

 

しかし、ちょっとしたことに注意すれば、かっこよく英語が発音できるようになるのでご紹介しましょう。まずは、強弱をはっきりつけることを意識することが大切です。初めは違和感があるかもしれませんが、日本語そのものがかなり平べったいイントネーションなので、大げさだと思うくらいしっかりと強弱をつけてしまってもちょうどいいくらいかもしれません。

 

 

 

強弱をつけたら次は、あいまい母音を意識してみましょう。アクセントのある音だけきちんとした母音を発音し、それ以外はすべてあいまいな母音にするのです。これらの点を意識するだけで、あなたの発音は格段によくなることでしょう。