英語発音のコツ:Rの発音編

 英語を勉強するにあたって、発音をものにするのはかなり大変です。なにしろ日本語の音韻構造にはない音があるし、その場合は学習者がそれまで経験したことがない音を自分で出すのだから、難しさはひとしおです。英語のスキルがあって、ネイティブと対等に話をしている日本人を見ると、非常に劣等感を感じるのも良く分かります。

 

 

 

 英語を話してみようという時に、肝心なのは自信を持ってしゃべることです。例えば専門領域に入って知見を披露し合うのでなければ、堂々と話せば何とかなりますし、間違った音などは相手に正してもらえることがあります。それを尻込みしながらの小声でもぞもぞ話すと、それこそ肝心の何が言いたいのかが相手に伝わりません。

 

 

 

 中でもRの発音はしかし、基本を理解すれば克服可能です。例えば語尾がRで終わる時(er、 ar、 or)、これを巻き舌で話せなければならないと理解している人が多いのですが、これらは原則として無視します。無理にこの音を出す必要はありません。現に英和辞典などで発音記号をあたると、rの音は斜体になっている。つまり省略しても構わないという意味です。

 

 

 

 注意しなければならないのは、Rが単語の先頭に来ている時です。またwrightのようにRの前に母音がない場合も同様です。これには簡単なコツがあります。発音記号【rait】とあったら、Rの音の直前に口の形を「う」としておくことです。【urait】と書いたら大げさですが、そのつもりで発音するとぐっとネイグィブらしくサマになります。