舌の使い方について

英語会話スクールなどで日本人がネイティブに注意される頻度が最も高いのがL,R,そしてTHの発音です。LとRは日本人が苦心する発音ですが、一旦コツを覚えてしまえば複雑な母音よりはるかに楽なものです。

 

 

 

まずLですが、舌の先を上の歯の裏の生え際にちょこっとくっつけるようにします。べったりつけたのでは話すときの速度に間に合いませんから。そして、日本語のラリルレロを言おうとせず、先ほどの位置に軽く触れさせたまま、自然に音を発生させます。日本語のラリルレロとは似ても似つかない音が出るはずですが、それが正解です。

 

 

 

ネイティブが発音するLは「エォ」に近く聞こえ、決して「エル」とは聞こえません。またRは巻き舌などと表現されますが、それにまどわされてあまり巻き過ぎてしまわないことが大切です。やり過ぎてしまうと、返って目標から遠い発音になってしまいます。

 

 

 

巻く、というより口のなかでどこにも触れないようにして、そのまま発声して出る音がRと考えたほうが正解に近い音が出せます。これも日本語のラリルレロとは相当違う音声です。LとRはとにかく、頭のなかから日本語のラリルレロと関連付けることをやめてしまうのが上達のコツです。

 

 

 

THは舌を噛む発音ですが、「噛む」というのもやり過ぎを招いてしまう表現です。いちいちマジメに噛んでいたら、流暢な会話は遠のくばかりです。これも上下の歯の間にちょこっと触れる程度で良いのです。日本人はとかく何に対しても大真面目に取り組んでしまうので、返ってそれが上達の障害になってしまうことがあるのです。あまり悩まず、あまり気張らず、気楽な気持で英語を習得しましょう。