英文を読むときは単語を一文字ずつ読むのではなく全ての単語をつなげるように読む

中学レベルの簡単な教材でも、あるいは中高時代の教科書でもいいのですが、結構リズミカルに読むのは練習が必要です。一番効果的なのは、音声CDを使ってのシャドウイングだと思います。ネーティブの生きた発音を真似ながら時々つまずきながら追っかけほぼ一緒に読んでいくあの練習法です。

 

 

 

最近では中学高校の英語の授業でも大いに取り上げられて1コマ中10分程度の時間を要してシャドウイングをさせている先生も多いと聞きます。

 

 

 

その場合、脳生理学的に言って立ち歩いてうろうろしながらやった方がより効果的らしいのですが、流石に1教室に30人〜40人子供たちがいる中でそのような事は不可能でしょうから、先生の多くは立ちながらシャドウイングをさせて、ノルマが達成できたら速やかに着席させる指導をしているようです。確かに座ったままで読んでいると眠くなる可能性もあります。

 

 

 

自宅学習では、ベッドに寝転んだり部屋をうろつきまわったりしながら音声を聞きつつもごもご読んでみるのが何よりの練習スタイルですね。もちろん、内容を把握した状態で少なくとも1パッセージにつきおよそ50回程度はひたすら読み続けてようやくリズムがつかめ、理想的には時間が許す限り、1パラグラフ100回音読がいいと思います。

 

 

 

やがてHe picked up a picture of a ship.だと2番目の単語から後はずっとリンキング可能ですね。前の語の終わりと次の語の始まりを強引でいいのでつないで発音していくのが最高の練習です。フランス語のリエゾンの如く!示した英語をすべてカタカナで表すと、「ヒーピックタッパピクチュアロヴァシップ!」となりしょうか。ひたすら読みこめ!