英語発音のコツ:リズム編

英語をかっこよく話すには、いかに発音を良くするかがポイントです。英語の音を、表音文字であるカタカナやひらがなで表すことがよくあります。速くマスターするためには良いことです。

 

 

 

しかしここで注意したいのが、音に対する先入観を持たないということです。日本語で外国語を表すときには必ず耳で聞いて聞こえたままを書くようにしなければなりません。例えば「りんご」は「アップル」だという先入観がありますが実際は「アポー」のように聞こえます。

 

インターネットで英会話の勉強を教えてくれる

 

「水」も「ウォーター」ではなく「ワラ」とするほうが通じます。「女の子」は「ガール」ではなく「グロー」のように聞こえますし、そう発音しないと通じません。こう考えると、英語の発音には改めて耳を傾け、自分なりの表記をしてみる必要があると思われます。このように一つの単語を発音する場合は耳で聞いたまま口に出すということが肝心ですが、文章に関しても同様です。その場合は単語と単語の音のつながりとリズムが大切になってきます。

 

 

 

例えばWhat are you doing?と言いたいとき一語ずつ「ワァットアーユードゥーイング」と言っても相手はわかってくれません。その場合は「ワラユドゥイン」と上がり調子でリズミカルに言うと良いです。英語らしく話すためには発音とリズムがポイントです。そのためには良く使う言葉は単語ごとに覚えるのではなくて、一つの文章を音のかたまりとしてとらえることが大切です。

 

 

 

そして英語は日本語よりもリズムを持った言葉ですので短い文章でもリズミカルに言うと、とってもかっこよく聞こえます。