ゆっくり発音する単語と素早く発音する単語を意識しよう

語学はコミュニケーションのツールなので、会話の中で何を伝えたいか・文脈の中で何が大事かということを意識しながら話すことが大切です。

 

 

 

英語では、大事なキーワードをゆっくり発音し、特に重要でなく聞き流しても構わないようなワードは素早く発音するという特徴があります。
日本語では大事なワードを伝えるとき、微妙な音の高低で表すという特徴がありますが、英語では主にスピードで表現することができるのです。

 

 

 

例えば、「彼女はチョコレートを食べた」という文章では、誰の話をしているのかが重視される場合は彼女、複数ある食べ物の中から何を食べたのかが重要ならチョコレート、食べたのか食べなかったのかが問題なら食べたという部分をゆっくり発音します。

 

 

 

また、決まり文句となっている熟語や、be動詞などを含め頻繁に使われるような言い回しは、重要度が低く早口で言っても伝わりやすい部分なので、流れるように繋げて発音します。
名詞の前に付く冠詞も、コミュニケーションを取るうえでは間違えて使ってもそれほど構わないようなワードなので、後に続く単語に繋げてしまうことが多くなります。

 

 

 

このように、それぞれのワードの重要性と、それを表現するためのスピードを意識することが、流暢な英語を話すコツなのです。
格好いい発音をするには、英語がコミュニケーションツールである語学の1つということを忘れずに、より相手に伝わりやすい話し方を心がけると良いでしょう。