弱く発音する部分を意識するのがポイント

英語の発音は、日本語とは異なる部分が多くて完璧な習得が難しいと言われています。たとえばRの巻き舌。日本人にとっては「そこまでしなくてもいいじゃないか」「舌が疲れてしまうのではないか」と心配するくらいに舌を巻いて音を出します。

 

 

 

他にも日本語にはない母音があったり、大げさに感じられるほどの唇の形や舌の動きがあったりと、とにかくその違いが多いのです。

 

 

 

このように日本人にとっては英単語を正しく発音するだけでも難しいのに、それに加えてあの独特なイントネーション。英語に比べれば日本語は平坦に流れていきます。一方、英語においては何かと抑揚や強弱が多いのです。それは日本人にとっては、英語という言語がかっこよく聞こえる要因である一方で、リスニングを困難にする脅威でもあります。

 

 

 

では、あのイントネーションを聞き分け、習得するにはどうすればいいのか。彼らネイティブもただかっこよく聞こえるようにイントネーションをつけている訳ではないのです。あるルールに従っているだけなのです。よく耳を傾ければ、彼らは文脈の鍵となる重要な単語は強く発音する一方で、相手が聞き取れなくても通じる、いわばさほど重要ではない部分は弱く発音しているのです。たとえば、""Do you like miso soup?(あなたは味噌汁が好きですか?)""と聴く時には、自分の欲しい回答を得るために一番大事なキーワード”like”と""miso soup""を強調しながら、これを質問調らしく尻あがり気味に言うのです。あなたもネイティブらしく発音するには、英文全体を語気を荒くして話すのではなく、重要な単語とそうでない単語を意識しながら話してみるとよいでしょう。